So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

気になる

個人の借入額の規制が厳しくなった。

もともと生活に余裕のある方にとっては何も関係のないことなのかもしれませんが、大半の方が無関係というわけにはいかない状況なのではないでしょうか?

それに伴い、正規の借り入れが出来ない人が闇金に流れるケースも増加しており、この政策によるシワ寄せが生活貧困者を更なる窮地に陥れてしまっているようにも思えます。

そんな中、クレジットカードショッピング枠現金化が新たな借り入れの方法として人気が出てきている。そんな話が聞こえてきます。

すでに様々な会社があり、選ぶのにも一苦労な場合はクレジットカード現金化ランキングなどで還元率などを比較し、自分にあった会社を選ぶ必要がありそうですね。


また、主婦の方は、旦那や近所の方にばれたくなかったり、女性のコールセンターなどしっかりした会社を選ぶ必要があります。
主婦キャッシングの方法としは以前から人気があったようです。


クレジットカードのショッピング現金化は新しい資金調達方法ですがあくまで一時的な資金調達であり、ご利用は計画的に行わないとい けません。

ゴタゴタ自民 推薦で県連と対立 参院選宮城(産経新聞)

 自民党は25日、夏の参院選宮城選挙区(改選数2)に現職の市川一朗氏(73)を推薦候補として擁立することを決めた。党宮城県連は公募で公認した元中学校教諭、熊谷大氏(35)の単独擁立を決めており、「1議席の確保すら危うくするきわめて危険な『賭け』だ」として大島理森幹事長に対し、市川氏推薦の撤回を求める抗議文を提出した。参院選公示を1カ月後に控え、自民党のゴタゴタはなお絶えない。

 県連が1月に実施した公募では、熊谷氏が市川氏らを抑えて公認を得たが、市川氏は過去3回当選した実績を強調、無所属での出馬も辞さない姿勢を示してきた。ある党幹部は市川氏の推薦決定について「市川氏の票を宮城県出身の比例代表候補、門伝英慈(もんでん・えいじ)氏(47)に回すためだ」と説明する。

 だが、宮城県連会長の小野寺五典衆院議員は「自民党が新しく生まれ変わったと思ってもらえるためにも公正な公募で選ばれた公認候補の当選に全力を注ぎたい」と不満を隠さない。

 市川氏の推薦には谷川秀善参院幹事長が強く後押ししたとの指摘もある。谷川氏は25日の記者会見で、市川氏の後援会関係者と接触したことを認めた上で「市川氏には支持者もたくさんいるのになぜ県連は公募したのか不思議に思っていた」と強弁した。これについても小野寺氏は「(谷川氏が改選となる)3年後の参院選で地元・大阪(改選数3)で自身を含めた3人が戦えばいい」と痛烈に批判しており、参院選の遺恨は今後も尾を引きそうだ。

3月16日:人民元対米ドルレート基準値、6.8263元
野口さん2日地球へ ソユーズ着陸 最後の難関(産経新聞)
<訃報>中川順さん90歳=元テレビ東京社長(毎日新聞)
<薬物依存症>現状説明と治療のためのフォーラム 名古屋で(毎日新聞)
NHKが初の強制執行申し立て=受信料拒否の5人に(時事通信)

PCI背任、元社長ら無罪確定へ 東京高検が上告断念(産経新聞)

 中国での遺棄化学兵器処理事業をめぐり、大手建設コンサルタント会社「パシフィックコンサルタンツインターナショナル」(PCI)に不要な支出で約1億2千万円の損害を与えたとして、特別背任罪に問われたPCI元社長、荒木民生被告(73)を無罪とした東京高裁判決について、東京高検は24日、上告しないと発表した。荒木被告の無罪が確定する。

 東京高検の渡辺恵一次席検事は「明確な上告理由は見出せなかった」とのコメントを出した。

 高裁判決は、検察側が「不必要」としたグループ会社への事業委託費支出について「グループ会社への支援として許容しうるもので、経営判断として一定の合理性がある」と指摘し、1審に続き無罪とした。

 荒木被告と同様に特別背任罪で無罪となったPCI元社長、森田祥太被告(68)=法人税法違反罪で有罪判決=についても高検は上告を断念した。

【関連記事】
PCI特別背任事件 崩れた検察側の立証構図
PCI特別背任事件で元会長に無罪判決 東京地裁
遺棄化学兵器処理プラント 日中、見送りで合意 数千億円に事業圧縮 
詐取金は銀座や赤坂のクラブで散財 「開発設計コンサルタント」元部長代理を逮捕
西日本高速が米国で合弁 道路点検事業
中国が優等生路線に?

新型車両の部品、屋根から落下=ヒューズ収納箱、取り付け不十分―JR西(時事通信)
阿久根市長を刑事告発も=職員降格処分取り消し判定を無視―鹿児島(時事通信)
機密費使途、前任者から説明受けず=政府答弁書で官房長官(時事通信)
ソニー銀元行員逮捕へ=顧客から4000万詐取容疑―警視庁(時事通信)
政治主導確立法案「成立は微妙」(産経新聞)

<民主党>参院の議員定数40程度削減方針 公約盛り込みへ(毎日新聞)

 参院民主党は14日、参院選のマニフェスト(政権公約)に、2013年参院選から参院の議員定数を「40程度」削減する方針を盛り込むことを決めた。

 昨年の衆院選マニフェストで民主党は衆院の比例定数を80削減することを盛り込んだが、参院については「選挙制度の抜本的改革の中で、衆院に準じて削減する」との表現にとどまっていた。衆院の定数(480)に対し参院の定数(242)が約半数となるため、40程度の定数削減が必要と判断した。

 参院は一票の格差解消に向けた選挙制度の見直し協議を参院選後に始める予定で、選挙区と比例代表の配分などの明記は見送った。

【関連ニュース
小沢幹事長:事情聴取、17日軸に調整か 東京地検
自民党:参院選マニフェストの原案発表 6月に最終版
民主党:甘利・前行革担当相の懲罰動議提出 採決混乱で
政倫審:小沢幹事長出席で閣僚ら公開求める 党には慎重論
子ども手当:11年度以降減額も 目玉公約修正には慎重論

与党、国会改革関連法案を14日に提出へ(産経新聞)
「母の日のプレゼント代に」遊戯王カード盗む(読売新聞)
首相発言「実現強く望む」 普天間問題で福島氏(産経新聞)
小沢氏、再聴取応じる意向=近く日程調整へ−陸山会規正法違反事件(時事通信)
小沢氏「ワインをごちそうになっただけ」 ルース米大使との会談認める(産経新聞)

だれのお墓?いまだ論争中 藤ノ木古墳 発掘25周年(産経新聞)

 「金色(こんじき)の貴公子」「絢爛(けんらん)豪華な斑鳩(いかるが)ファッション」−。国宝の金銅製冠や大刀(たち)などきらびやかな副葬品が発見された奈良県斑鳩町の藤ノ木古墳(6世紀後半、直径50メートル)に、初めて調査のメスが入ったのが昭和60年。墳丘に埋まっていた巨石のすき間から中をのぞくと、ぽっかり空洞が…。懐中電灯で内部を照らすと、真っ赤に塗られた石棺が浮かび上がった。しかも未盗掘。皇族クラスの墓とされる「藤ノ木フィーバー」が、この瞬間に始まった。(小畑三秋)

 「法隆寺よりも古い、町の歴史を調べたい」。25年あまり前、奈良県立橿原考古学研究所部長だった石野博信さん(76)=現・兵庫県立考古博物館長=のもとに、当時の斑鳩町長から相談があった。斑鳩町は、世界遺産の法隆寺がある以外、注目されることが少ない町だった。「町の熱意がうれしかった」。打診は、石野さんらの“研究者魂”を呼び起こした。

 藤ノ木古墳は法隆寺のすぐ西にあり、昭和60年7月に発掘がスタート。見つかった石棺は一度も蓋(ふた)が開けられていないことが分かり、石棺の周囲から、鳳凰(ほうおう)などが透かし彫りされた金銅製の馬具も見つかった。「これは大変な古墳かもしれん」。石野さんらは色めき立った。この知らせは、法隆寺執事長だった高田良信長老(69)にも知らされた。中学生のころ、古墳近くを通学路として歩いた高田さん。「古墳を掘ったらいろんなものが見つかるんだろうな」と子供心に思っていたら、現実になった。

 法隆寺には古文書が数多く残る。高田さんは昭和34年に庫裏(くり)の天井裏で自らが見つけた絵図を思いだした。改めて調べると「崇峻(すしゆん)天皇御廟(ごびよう)」と記されていた。場所も藤ノ木古墳と一致し、天皇との関係が一気にクローズアップされた。

 63年に石棺の蓋が開けられた。金銅製の靴や黄金の耳飾りなど大量の副葬品、被葬者の男性2人分の骨も残っていた。

 被葬者論争もヒートアップ。いまだ決着はついていない。築造時期が聖徳太子の時代と近いことから、高田さんは「斑鳩に宮殿を築いた太子さんは、被葬者を知っていたはず」と推測。聖徳太子の叔父にあたる崇峻天皇らを候補に挙げる。

 古墳は今、石室内が見学用に整備され、全国でも珍しいスロープも設置された。「車いすの人も入れるようになったのはよかった」。石野さんはしみじみ語る。

 一方、高田さんにとって一つだけ気がかりがある。被葬者の骨が副葬品とともに研究所に保管されていることだ。「藤ノ木古墳はあくまでお墓。お骨だけは石棺に戻してほしい」。世紀の大発見から四半世紀。古墳をめぐる人々の温かいまなざしは変わらない。

柳ケ浦高野球部員の遺族が損害賠償求める(産経新聞)
手押し車の92歳、踏切ではねられ死亡(読売新聞)
<視神経>再生成功、マウスで日米チーム 緑内障治療に期待(毎日新聞)
<国立国会図書館>米兵裁判資料を公開 閲覧の禁止解除(毎日新聞)
逃走車絡む事故で2人死亡=信号無視でパトカー追跡−愛媛県警(時事通信)

「振り込め」口座用に保険証詐取=架空名義、容疑で2人逮捕−警視庁(時事通信)

 預金口座開設の本人確認に使うため、架空名義で健康保険証などをだまし取ったとして、警視庁組織犯罪対策総務課と群馬県警は20日、詐欺容疑で、IT関連会社社長宮本勝美(37)、無職薄衣義勝(38)両容疑者を再逮捕した。
 不正開設した口座の一部は振り込め詐欺に使われており、同課が解明を進めている。
 逮捕容疑は昨年1月30日、神奈川県内の保険事務所に、従業員を雇っているように届け出て、架空名義の保険証と年金手帳をだまし取った疑い。 

山崎飛行士 優希ちゃん抱きつく 家族と15日ぶりに再会(毎日新聞)
助産所の第三者評価を開始(産経新聞)
<司法修習生>無給あんまり 日弁連が対策本部(毎日新聞)
だれでも参加「熟議カケアイ」の場…文科省HP(読売新聞)
勇ましい武者人形130体 世界の民俗人形博物館 長野県須坂市(産経新聞)

<自民党>与謝野氏らの処分、結論持ち越し 党紀委(毎日新聞)

 自民党は21日午前、党紀委員会(中曽根弘文委員長)を党本部で開き、新党「たちあがれ日本」結党のため離党届を提出した与謝野馨元財務相、園田博之前幹事長代理、藤井孝男元運輸相、中川義雄元副内閣相の処分を協議した。だが、除名処分に賛否両論が出たため結論を持ち越した。次回期日は未定。

 昨年の衆院選で比例代表で復活当選した与謝野氏に対し、除名を求める意見が出た。一方で、今夏の参院選で同党との連携を重視する観点から、4氏とも離党届の受理にとどめるべきだとの声もあり、結論が出なかった。【野原大輔】

【関連ニュース
新党:「たちあがれ日本」政策面で自民との違い見いだせず
自民党:田野瀬総務会長が与謝野元財務相を批判
新党:平沼、与謝野氏らが結党で詰めの協議
自民党:藤井元運輸相が離党届提出 新党に参加
新党:議員5人確保にめど 参院の中川義雄氏が自民離党届

「外の敵は怖くない」=小沢氏(時事通信)
事務系副大臣を検討 仙石氏、次官廃止し官僚起用(産経新聞)
普天間問題で協力要請 日米非公式首脳会談で首相(産経新聞)
<通天閣ロボ>「一日署長」で犯罪防止に活躍 大阪・浪速署(毎日新聞)
<訃報>宝生英照さん52歳=能楽師宝生流シテ方(毎日新聞)

<京都大>「自由をはき違えないで」 入学式で学長がクギ(毎日新聞)

 京都大の入学式が7日、京都市左京区の市勧業館みやこめっせであり、10学部計3013人の新入生が大学生活のスタートを切った。京大では学生による覚せい剤所持や準強制わいせつ事件などが相次いでおり、松本紘学長が式辞の冒頭、「自由(の意味)をはき違えないでほしい」とクギを刺した。

 松本学長は「(青春時代は)心が沸き立つような直接的な人間の欲望に制圧されうる危うさがある」と、京大教授だった哲学者、和辻哲郎の言葉を引用。青春の勢いを芽にたとえ、「芽の成長をひずませず、それを助ける滋養分だけを与えることが肝要」と強調した。【広瀬登】

【関連ニュース
卒業証書:有山楓ちゃんに 04年奈良で誘拐、殺害される
入学式:元気いっぱい新1年生…東京都内の小学校
眞子さま:国際基督教大の入学式に出席
東大:2983人が卒業 進む「脱官僚」 高まる外資人気
京都大:卒業式、今年も仮装登場…でも少なめ

<掘り出しニュース>山口・湯田温泉の「白狐まつり」盛大に ゆるキャラ縄跳びも(毎日新聞)
新党準備、今夜会合=与謝野氏ら−鳩山邦氏の参加焦点(時事通信)
追跡中のパトカーが衝突事故=警官2人が軽傷−警視庁(時事通信)
美濃まつり 和紙の里に力強く春の声 華やか「花みこし」(毎日新聞)
東京都荒川区役所の駐車場をタイムズとして運営へ(レスポンス)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。