So-net無料ブログ作成
検索選択

だれのお墓?いまだ論争中 藤ノ木古墳 発掘25周年(産経新聞)

 「金色(こんじき)の貴公子」「絢爛(けんらん)豪華な斑鳩(いかるが)ファッション」−。国宝の金銅製冠や大刀(たち)などきらびやかな副葬品が発見された奈良県斑鳩町の藤ノ木古墳(6世紀後半、直径50メートル)に、初めて調査のメスが入ったのが昭和60年。墳丘に埋まっていた巨石のすき間から中をのぞくと、ぽっかり空洞が…。懐中電灯で内部を照らすと、真っ赤に塗られた石棺が浮かび上がった。しかも未盗掘。皇族クラスの墓とされる「藤ノ木フィーバー」が、この瞬間に始まった。(小畑三秋)

 「法隆寺よりも古い、町の歴史を調べたい」。25年あまり前、奈良県立橿原考古学研究所部長だった石野博信さん(76)=現・兵庫県立考古博物館長=のもとに、当時の斑鳩町長から相談があった。斑鳩町は、世界遺産の法隆寺がある以外、注目されることが少ない町だった。「町の熱意がうれしかった」。打診は、石野さんらの“研究者魂”を呼び起こした。

 藤ノ木古墳は法隆寺のすぐ西にあり、昭和60年7月に発掘がスタート。見つかった石棺は一度も蓋(ふた)が開けられていないことが分かり、石棺の周囲から、鳳凰(ほうおう)などが透かし彫りされた金銅製の馬具も見つかった。「これは大変な古墳かもしれん」。石野さんらは色めき立った。この知らせは、法隆寺執事長だった高田良信長老(69)にも知らされた。中学生のころ、古墳近くを通学路として歩いた高田さん。「古墳を掘ったらいろんなものが見つかるんだろうな」と子供心に思っていたら、現実になった。

 法隆寺には古文書が数多く残る。高田さんは昭和34年に庫裏(くり)の天井裏で自らが見つけた絵図を思いだした。改めて調べると「崇峻(すしゆん)天皇御廟(ごびよう)」と記されていた。場所も藤ノ木古墳と一致し、天皇との関係が一気にクローズアップされた。

 63年に石棺の蓋が開けられた。金銅製の靴や黄金の耳飾りなど大量の副葬品、被葬者の男性2人分の骨も残っていた。

 被葬者論争もヒートアップ。いまだ決着はついていない。築造時期が聖徳太子の時代と近いことから、高田さんは「斑鳩に宮殿を築いた太子さんは、被葬者を知っていたはず」と推測。聖徳太子の叔父にあたる崇峻天皇らを候補に挙げる。

 古墳は今、石室内が見学用に整備され、全国でも珍しいスロープも設置された。「車いすの人も入れるようになったのはよかった」。石野さんはしみじみ語る。

 一方、高田さんにとって一つだけ気がかりがある。被葬者の骨が副葬品とともに研究所に保管されていることだ。「藤ノ木古墳はあくまでお墓。お骨だけは石棺に戻してほしい」。世紀の大発見から四半世紀。古墳をめぐる人々の温かいまなざしは変わらない。

柳ケ浦高野球部員の遺族が損害賠償求める(産経新聞)
手押し車の92歳、踏切ではねられ死亡(読売新聞)
<視神経>再生成功、マウスで日米チーム 緑内障治療に期待(毎日新聞)
<国立国会図書館>米兵裁判資料を公開 閲覧の禁止解除(毎日新聞)
逃走車絡む事故で2人死亡=信号無視でパトカー追跡−愛媛県警(時事通信)
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

ゴリライモ


人 妻3人相手にしてきたけど、マジやっべぇな!!!!
プ ェ ラ×ア ナ ル×ディープキスの三点攻めで、オレ喘ぎまくりだっつの!!
しかも3人合わせて18万も貰えたぜぇぇぇ!!(゚∀゚)
http://lip.daizon.net/p48d49a/
by ゴリライモ (2010-05-15 12:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。